家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

究極の闇をもたらす加蓮

加「凛なら今、奈緒ガチャ回してるよ。奈緒の目の前でね」
P「なにそのプレイ」
加「これが全然引けないの。ふふ、あー可笑し♪」
(ゲーム内投下日 15/10/22)

 

………………

菜「姿の見えなかった凛ちゃんと奈緒ちゃんが、こんなことになっていたとは」
比「これ、どっちがどっちにプレイを仕掛けてるんでスか」
P「敢えて言うなら……加蓮さんがほかの二人に仕掛けてるプレイ、です」
比「ということは、凛ちゃんに奈緒ちゃんの目の前で奈緒ちゃんのガチャを回させて、加蓮ちゃんはそれを眺めながら笑っている……ということでスか?」
P「はい。最初は凛さんも面白がってニヤニヤしつつ回していたのですが、なかなか引けないことで負けず嫌いに火が付いて課金額が増えていき……奈緒さんは奈緒さんで、最初はいつもみたいに『止めろよ!もうっ』って半ば諦めモードで相手していたのが、凛さんの課金額を見て次第に『おい凛、そろそろ止めとこうぜ』って本気でオロオロしだし……それを、ポテト片手に艶然と眺める加蓮さん。とまあそんな感じの光景を幻視した次第」
杏「なにその悪女」
文「…やってることが、傾城の美女そのものです」
比「傾城っていうと、大企業・美城プロが傾きそうで怖いでスね」

菜「しかし、女子高生にリアルマネーを使わせるプレイはちょっと洒落になりませんね~」
比「けしかけているのもまた女子高生というあたりがさらにヤバいでス」
杏「課金強要プレイかあ。最近、ちひろさんみたいな髪型にしてると思ったら……」

P「加蓮さんは病弱で入院がちで、諦めの人生を送っていたらしいですからね。憧れのアイドルになれたことで、心身ともに自信が付いて、人生を楽しむことに関して貪欲になったんですよ」
杏「貪欲になった結果がこれか」

P「口癖は『凛、奈緒、もっと私を笑顔にしてよ♪』らしいです」
神「ダグバかよ。っていうか加蓮はそんなこと言わねーし!ちょっと顔見せなかった隙にあることないこと言いやがってまったく!」
P「あ~、今のやつ、ゲーム内の投下ネタに回しても良かったかもしれません」
神「聞けよっ」