家に智絵里軍団

シンデレラガールズと雑談のパッチワーク(主にプロレス・自転車談義)

祝、四代目

周「イヴと掛けて日焼けと解く」
P「その心は?」
周「さんた~ん♪」
(ゲーム内投下日 14/??/??)

 

P「白い逃亡者 塩見周子
菜「ホワイトフォンテン……なんて知りません!」
(ゲーム内投下日 15/4/22)

 

………………

P「塩見周子さん、総選挙1位おめでとうございます。相葉ちゃんと志希にゃんが一歩後退する中での逃げ切りは、見事でしたね」
杏「インパクト的には姉御に持っていかれた感があるけどね」
P「そうですね。あと楓さんを抑えて魅せたみくにゃんですね。個人的には、当家の常連5人組が全員50位圏内に入って良かったなと」
比「こんな順位で浮かれちゃいけないんでしょうけど、それでもワタシは嬉しいでスよ」
P「喜ぶべきときには喜んでおきましょう。当家常連といえば、菜々さんの7位というのがね。出来過ぎというか、ほとんど奇跡だと思いましたね」
菜「……あのー、ホントにそう思うなら、このタイミングで妙なネタに使わないで欲しかったなーって。まあ、妙なネタなのはいつものことなんですが」
P「いや申し訳ない。ガチャが来たタイミングで渾身のしゅーこネタを投下してしまったもので、ネタが無くて」
菜「……その『申し訳ない』は、菜々じゃなくて周子ちゃんに向けたものですよね?」
P「……さて、なんか誰かに呼ばれたような気がするので、今日はこれまで。では」
菜「呼ばれた?……って、ちょっ、逃げないで下さいよ~!」

 

P「……では、手短にお願いします」
楓「はーい。日焼けと掛けて、総選挙の私と解きます」
P「その心は?」
楓「さんば~ん♪ふふっ」
P「……お疲れさまでした」